謐時 一、地上を行き交う痕跡はかそけきアンダンテをきざむ誰も知らない明け残るころの出来事である

謐時 二、聞きなれた 疑いようのない 繰り返し 呼吸の残像を見る